プロフィール

よめよっちゃん

Author:よめよっちゃん


「 そらいろ珈琲(仮)」開業日記




最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ

マグリット展

朝一、家族3人で京都市美術館へ。
娘は今日初めて音声ガイドを聞きながらの鑑賞。前から「音声ガイド聞きたい!」ってうるさく言ってたので、今日は大満足な様子。
美術の教科書には絶対載っていたマグリット。こんなにたくさんの作品をまとめて見るのは初めてで、久しぶりに最近使ってなかった脳の部分が活性化された感じ。
隣では「ルーブル美術館展」もやっていてすごい人!なんとか娘はノート、私は缶バッジを購入して終了。
それにしても、やっぱり左京区いいわ〜
スポンサーサイト

会議中

ある日の娘の勉強机。
知らんでー、全部捨てられるでー。

五山送り火

いつもは自転車で行くのだけど、雨が降るというので一駅だけ地下鉄に乗って昨日送り火を見に行った。
「ちょっとくらいの雨やったら大丈夫やって」という雨チャリに慣れてる私の意見は、雨チャリなんて!というダンナと娘に却下されてしまったので。

西大路通りからは左大文字が真正面から見える。太子道まで行くと、小さく大文字も見える。
こちらはもう消えかけの大文字。
西大路太子道から東を見たところ。

左大文字は、車道からはよく見えるのだけど、歩道からは街路樹が邪魔してよく見えない。で、毎年こうなる。
横断するのではなく、道の真ん中で立ち止まって写真撮影。で、信号が点滅し出すと毎年おまわりさんが「歩道に上がって下さい!車にひかれますよ!」ってずーっと言ってるっていう、おなじみの光景。

でも多勢が一度に横断歩道に出る上に、夜の大文字をズームで撮ろうとするのでブレてなかなか思うように撮れない。

それが!あっ!
おいおい!道の真ん中、中央分離帯で撮ってるやつがいる!って見たらダンナだった。
そこはあかんやろー。
車にひかれますよー。

ウォーキング

もう2年以上も前になるけれど、自宅を新築している間、二条駅の近くに仮住まいをしていた。(もう2年以上も経ったのか〜)
二条城の周りは朝早くからランニングやウォーキングをする人が多くて、軽い気持ちで私も始めてみた。元々スポーツ心臓(学生の時に脈とかいろんな数値から、結果、こういう心臓だった)の持ち主なので、やり始めるとシューズにも凝ったりして、こっちに帰って来るまで毎日歩いて(時々走って)いた。それが、戻って仕事を始めると、時間もなく、全く歩かなくなっていた。
でも一度、職場で「もしかして妊婦?」みたいに思われていた時期があって(‼︎)、ウォーキングを再開。さすがに仕事がある日は無理なので休みの土、日だけだけど、平日より早起きして歩くのが楽しみになっている。
ちょっと前までは朝5時でもすでに蒸し暑くて、帰って来たらお風呂上がりみたいな状態だったけど、最近はかなり涼しくなって気持ちがいい!
三条御池の交差点から見た東の空。
おかげで間違えられたお腹はぺったんこになったけれど、もっと気になるお尻と太ももはどうやったら痩せるんだ⁉︎

おしごと体験

昨日は朝一から、イオンの「キッズおしごと体験」に行ってきた。
娘は幼稚園の頃から、将来はネイリスト!(親の私は夏にちょこっとペディキュアを塗るくらいなのになんでかな?)と言ってたのでいい機会かな〜と思って。プラス、レポートを書けば夏休みの自由課題が一つ片付くし!

まずは自分の好きな色を選び、ネイリストのお姉さんが利き手を塗ってくれて、その後反対の手は自分で。
一度目が乾いたら二度塗りをし、好きなシールを貼ってトップコートを塗って乾いたら終了。
慎重に塗っていく娘。
爪に塗る順番や、ブラシのしごき方なども教えてもらって、なかなか上手く塗れてた。
そして完成。
中指に貼ったシールが見えにくいけいけど、白い雪の結晶にビーズがついているもので、なかなかいい感じ。本人も大満足!
でも月曜日には部活で、取らないといけない!楽しめるのもあと2日!

祖母

8月5日に祖母が亡くなった。
実家に居た時ずっと一緒だったので、今までの誰の死よりも重いものだった。
バタバタといろんなことが進んでいく中で、考えることもたくさんあったのだけど、同時に過去の記憶も蘇ってきて、今頭の中がすごくごちゃごちゃになっている。
時間が必要だな。

あぶなかった…

昨日も仕事が忙しく、時間延長。
なのでいつものバスの時間に間に合わず、違う系統のバスで帰ることに。
仕事と暑さとで疲れ切って、いつものようにハデに舟をこいで(寝ながらなんとなくわかってるんだけど起きられない!)、何度が目を覚ましながらバスに揺られていたのだけど…
はっ!
と気がつくと、私以外に乗客がいない!しかも私が降りる駅!
よかった、ちょうど目が覚めて。早く降りないと!
ん?
みんな前の駅までで降りたんかな?結構乗ってたけど?
降りようと慌てて前の降車口まで行くと、運転手さんがすごくびっくりした顔で
「まだ乗ってはったんですか⁉︎」って!
実は、この系統は私の降りる駅が終点で、もうみんな降りた後!乗客を降ろして今まさに出発するところだった!
後ろの方に座っていた私は誰に気付かれることもなく熟睡。
やっと状況を理解した私。
「すみません!寝てしまって…」
「こちらこそすみません、間に合ってよかった!」
降りてからそのバスの行き先を見ると、
「回送」
そのまま寝てたらどこまで行ってたんやろ…

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR